大阪で実績のある脱毛サロン
2018年12月18日

ワキガの治療法tについて

ワキガは、腋のアポクリン腺から分泌された汗が主要な原因となります。

実際のところ、これ自体は無臭なのですが、皮脂腺からの脂肪分やエクリン腺からの汗などの分泌物と混ざり、これが皮膚や脇毛の常在細菌により分解されることで、臭いを発する物質が生成されるのです。ワキガの根本的な治療法は、ワキのアポクリン腺を手術によって切除することです。手術方法には、いくつかの手段がありますが、切り取る部位が少なくなる方向で進歩を続けています。

さらに今日では、切除せずにマイクロウェーブを照射してアポクリン腺を破壊するという手段も生み出されており、皮膚の切開を行う必要すらなくなりつつあります。一方、手術を行わない治療法も存在します。これは、腋毛の処理やアルコール殺菌で細菌の繁殖を抑える手法や、制汗剤や発汗を抑えるボトックスを注射することで発汗を少なくする手法などがありますが、根本的な解決には至らないため、継続的に処置を行う必要があります。

本当にワキガで悩んでいる場合には、手術を行うのが効果的と言えますが、汗腺が未発達な未成年の場合、汗腺が再発達して再びワキガになることもあるため、注意が必要となります。そのため、成長期には手術を行わない方法で臭いを抑え、成人になってから手術を行った方が良いと言えるでしょう。また、人によっては、臭いがしなくなっても臭いがする気がしてしまうと言う「術後臭」に悩まされることもあります。これは多分に精神的なものもあるため、場合によっては精神科医に相談する必要もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *