大阪で実績のある脱毛サロン
2018年12月15日

クリニックで行うワキガ治療と費用について

クリニックでのワキガの治療を検討している方にとって、費用や効果などが気になる点は多いのではないでしょうか。

まずは、ワキガの原因を知る所から始めましょう。私達の体には汗を出す汗腺があります。汗腺は、エクリン汗腺とアポクリン汗腺の2種類があります。ワキガはアポクリン汗腺から出る汗が原因です。アポクリン汗腺は、ブツブツした小さな塊が集まったもので脇や陰部に多く存在しています。アポクリン汗腺から出る汗に脂質や鉄分、タンパク質の成分が含まれています。この汗の成分を皮膚に存在している細菌がエサにして分解する時にワキガの臭いが発生します。

クリニックで行う治療はアポクリン汗腺からの汗を止める施術が行われます。一般的な治療として多く行われているのが剪除法と呼ばれている方法です。剪除法はメスで脇を切開してアポクリン汗腺を取り出す方法です。医師がアポクリン汗腺を目視で確認しながら取り除くので効果が高いといわれています。但し、3~5cm程度の傷跡が多少残ります。剪除法の費用は両脇でおよそ30万~50万円ほど必要です。脇を1cm程度切開して細い管を入れてアポクリン汗腺を吸い取る施術方法もありますが、取り残しがある場合があります。アポクリン汗腺が残ると再発する可能性があります。

費用は15万円程度かります。剪除法よりも傷口が小さく済みますが、切らない施術としては電磁波(マイクロ波)の熱によってアポクリン汗腺を破壊する方法があります。切らないので傷跡は残りませんが、アポクリン汗腺を完全に破壊できないことがあり再発する可能性があります。費用は50万円程度かかります。この他にボトックス注射で汗を抑えて臭いを軽減する方法もあります。ボトックス注射の効果は半年程度なので繰り返し注射する必要があり、費用は1回10万円以下です。このように様々な施術方法があり費用も異なりますので確認した上で受けることが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *