大阪で実績のある脱毛サロン
2018年12月12日

ワキガは症状の度合いに応じて治療法が有ります

ワキガを治す方法は外科的手術を行うことで治療が可能になると言われています。

外科的手術と言うのは、ワキガの原因になっているアポクリン腺を除去する方法で、アポクリン腺から分泌される汗と脇の下などに存在している雑菌が混ざり合わさり、これが分解されることで特有に臭いを放出させるため、アポクリン腺を除去する事で効果を高めることが出来ると言う事です。しかし、ワキガの症状と言うのは個人差が在るため、外科的手術を行ったとしても、それが治ったのかどうかが解り難いケースも有ります。

例えば、重度の症状を持つ場合、アポクリン腺を除去する事で汗の分泌量が減少するため、症状が緩和されたことを実感することが出来ますが、軽度の場合は自分でも臭いに気が付かないケースが多いと言われており、このような症状の人が手術をしても効果が在るのか無いのかと言ったことが解らないわけです。そのため、ワキガ治療を手掛ける病院では患者さんの症状に応じた方法で治療を行うことが出来るようになっています。

但し、軽度の場合は手術を行わないと言う事ではなく、効果が期待出来る方法を選べるようになっていると言う事です。尚、最近はボトックス注射を利用した症状の緩和の方法が在りますが、ボトックス注射の場合は経度の症状の患者さんに対しての効果は高いものの、重度の症状を持つ患者さんの場合は、効果が薄いと言われています。そのため、ワキガの症状に応じて方法を考える事が大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *